AGA治療薬プロペシアの効果がある人とない人の違いは?

AGA治療薬プロペシアの効果がある人とない人の違いは?

AGA治療で使われる薬としてプロペシアは主流です。今の薄毛治療においてはプロペシアが最も効果がある薬の一つとして認知されています。しかしプロペシアも効果がある人とない人がいます。では、効果が出る人と出ない人の違いはどこにあるのでしょうか。

 

・プロペシアの効果
脱毛が起こる原因となるのがジヒドロテストステロンです。ジヒドロテストステロン生成にはテストステロンが関係しています。テストステロンは男らしい体つきや精力をつけたりするために働きます。

 

しかし、体内にある5-αリダクターゼと結びつくと抜け毛を促進するジヒドロテストステロンに変化します。プロペシアにはテストステロンと5-αリダクターゼが結合する事を防ぐ効果があります。

 

結合を阻止する事でジヒドロテストステロンが生成される事を抑える事ができるのです。

 

・プロペシアの効果がある人
プロペシアの効果は抜け毛を促進するジヒドロテストステロンを抑制する事です。そのため、プロペシアの効果を実感できる人はジヒドロテストステロンが原因で抜け毛が増えている人といえます。

 

・プロペシアの効果がない人
プロペシアの効果がない理由は主に3つのケースがあります。例えば使用期間が短すぎる人です。プロペシアの効果を実感する期間は人により違いがありますが、6か月間は使用してみる必要があります。

 

飲めばすぐに効果を実感できるような薬とは違いますから、一定期間の服用は必要になります。また、薄毛の原因がジヒドロテストステロンでない場合もプロペシアの効果がないです。例えば脂漏性脱毛症や円形脱毛症など髪が薄くなった原因が別にある場合は、プロペシアの効果は期待できません。

 

他にもプロペシアの使用方法に誤りがある人もいます。プロペシアは1日で1錠が基本です。しかし、薬がなくなるのがもったいないからと3日に1錠しか飲まないような人は効果が弱まります。

 

・まとめ
プロペシアはAGAにたいへん効果的な薬ですが、誰に対しても効くわけではありません。効果がない人は思い当たる事はありませんか?使用期間の事、薄毛の原因の事、服用の仕方に誤りがないか考えてみるといいですね。"