髪の毛を増やすための生活習慣や食事とは?

髪の毛を増やすための生活習慣や食事とは?

髪の毛というものは加齢に伴って段々と抜けたり薄くなってくるものですが、その原因は様々なものがあって対策も多岐に渡ります。

 

今回はその髪の毛を増やすため、原因となる生活習慣や食事などを改善する方法を説明していきたいと思います。

 

まず髪の毛に関しては当然ですが頭皮や髪の毛の栄養素が少なくなってきてしまうと薄毛の原因になってきてしまいます。髪の毛の主材料としてはたんぱく質がありますので、こちらは当然欠かせません。ですが後述にも挙げるように食生活にも関わりがあるために、たんぱく質と言っても良質なものや脂質が少ないものを摂る方がいいとされています。動物性たんぱく質と植物性たんぱく質と両方バランスよく摂取するのがいいとされますが、どちらかというと植物性たんぱく質の方が育毛にとって効果が高いと言われています。

 

頭皮関係で言うとやはり栄養面ではビタミンミネラルが必要ですが、ビタミンB2・B6などは細胞の代謝能力を活性化する機能があります。ビタミンB2が入っている食品にはレバー・青魚・大豆・乳製品・卵などがあり、ビタミンB6が入っている食品には肉類・マグロ・バナナなどがあります。またビタミンEには血管拡張機能があり、これによって血流改善をして栄養素をいきわたらせることができます。このビタミンEは魚介類などがあり、これらの食品をバランスよく摂ることでビタミンミネラルを摂取していきたですね。さらに亜鉛も育毛にはとても効果的とされており、レバー・魚介類・牡蠣・肉類・アーモンド・チーズなどに含まれています。

 

さてこのように育毛に効果的な食品と言うのが分かってきましたが、それと同時に大事なのは生活習慣となります。食事に関しては三食しっかりと決まった時間に摂取するのが大事ですし、お酒などの飲み過ぎやつまみ類などの脂肪分が多いものを取り過ぎると、当然ですが身体全体に悪影響となり頭皮にも良くありません。このようにバランスよい食事と生活習慣を付けることが育毛の第一歩となります。