昭和からAGAの症状がよく見られる理由

昭和からAGAの症状がよく見られる理由

昭和からAGAの症状はとくに珍しくはありません。

 

昔は殆んどの校長先生が薄毛、頭にバーコードを拵えていても不思議ではない時代だったのです。

 

アニメでは社長さんから、先生など薄毛のイメージは大きく書かれています。しかし、あれから40年〜50年と近年では薄毛、脱毛症にかかる人も増えてきたのです。年齢層も幅があり、若年者の20代から特に中高年の人が多くなり悩む人が増えています。薄毛の原因は、現代ストレスと遺伝性も高いと言え、しかし遺伝性も確率の問題はありますが、この薄毛については、両親が薄毛やAGAでなくとも発症されている人が多いのです。

 

この薄毛は、ストレスや社会生活での、慢性化された疲労の蓄積が薄毛の原因になっています。

 

食生活では、わかめを、ふんだんに摂取すると髪が生き返る薄毛が治る等も言われていますが、わかめとの因果関係は、まだはっきりは分かっていないのです。実際の症例として、生の野菜を毎日、食生活でたくさん摂取して薄毛が改善された、それから白髪が改善されたお話はTVでも紹介された事もあります。

 

恐らく、野菜に含まれているBカロテンの成分が体内の免疫力を活性化されて、体の細胞を元気にしてくれ、そのような症状と効果が見られたのではないかと言われています。他にも黒ごまから取れる成分もBカロテンが多くとれます。最近の研究では亜鉛の摂取も効果があることが
データーに出ています。亜鉛の成分が栄養を毛球内に吸収させ活性化の手助けをしてくれるのです。

 

薄毛は従来は、男性だけの頭髪の病でしたが、今では女性の方の薄げも多く増えています。まさしく現代病といえます。この男性の薄毛は男性ホルモンが関係され原因を作っていることは医学の研究でも解明されているのですが、現実に女性の薄毛に関してはホルモンの異状だけが原因とは言えませ、同じ男女の薄毛でも、原因も異なりますがまだ現在の研究では分かっていません、

 

現代のストレスが大きく影響されています。

 

このAGAの予防と抑制については、薄毛の症状はいきなり、ハゲる等の段階ではなく、(最初に髪の毛が柔らかくなります)そうめんを少し茹で過ぎみたいな感じになります。

 

それと(同時進行で毛髪が細く)なってきます。そうなると髪全体の面積も少なくなる感じになり、少し地肌が見え、それから少し髪が抜けてきます。

 

ここからが、この症状薄毛、(薄毛AGAの早期の段階)になります。(いきなり朝にハゲていました)等にはならないのです。

 

この症状を、私生活の洗髪でも観察をしてみたほうが良いです。もちろん症状に気付いたら、育毛剤で頭皮の改善、毛髪の改善をします。育毛剤は、現状維持には強い効果があるので有効になります。しかし効果が出てくるのは3か月以降から6か月が目安になるので根気強く治療を続ける必要があります。